スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Hyper-V2.0のロード

HYPER-V2.0・・・やるならトコトンいってやろうと思い、このようなラボ環境を構築しました。

・AD-SERVER
・Storage Server (iSCSI)
・Hyper-V01
・Hyper-V02
・Hyper-V03
・コンソール用PC

の結果、、部屋が暑い・・・ウルサイ・・・
本来ならリモートデスクトップで接続して作業する予定だったのですが、
構築作業時ってLANケーブルの抜き差しなんかを頻繁にするので、近くにPCを置いておきたいのです。当分劣悪な環境での戦いが続く予定なのでした。。
仮想化仮想化って物理マシンが必要ない感じがするけど、最低限の機器は必要になるんですよね。




HYPER-Vの検証はつづく・・・

Windows2008サーバのHyper-Vの検証をやってます。
ちょっと検証機が増えてしまいました。

AtomのチップセットでPCを組むと相当安く出来ますよね。

最近、MSDNでWindowsStorageServer2008をダウンロードが開始されたので
iSCSIをそれで組んでみました。

今まではSTARWINDの評価版を使っていたのですが、15日間という制限に悩まされていたので、検証環境が、かなり前進したといえるでしょう。

少し前にHyper-V1.0のクイックマイグレーションの構築に成功したため、
今攻めているのがHyper-V2.0のライブマイグレーションの検証です。

Windows2008Server R2をインストールしてみたのですが、見た目はWindows7なんですね。
Vistaベースは無印の2008までだったのか。。。

ていうか、かなり無印とは別物になってしまっている!気がしました。

しかしOSのセットアップやら設定やらっていうのは時間がかかるさぎょうですよねえ。

Youtube観ながら、チビチビセットアップしている日々でした^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>